fc2ブログ

サウスバウンド*奥田英朗

  • 2005/12/08(木) 18:32:06

☆☆☆☆・



 型破りな父に翻弄される家族を、少年の視点から描いた、長編大傑作。
 21世紀を代表する新たなるビルドゥングスロマン、誕生!

 父は元過激派だ。
 小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。
 父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。
 乳が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家にいる。
 父親とはそういうものだと思っていたら、小学生になって級友ができ、
 ほかの家はそうではないらしいことを知った。
 父はどうやら国が嫌いらしい。昔、過激派とかいうのをやっていて、
 税金なんか払わない、無理をして学校に行く必要などないとか
 よく言っている。家族でどこかの南の島に移住する計画を
 立てているようなのだが・・・・・。
           (帯より)


二部構成になっており、第一部は中野区の貸家に住まい、上原二郎と妹の桃子は普通に区立の小学校に通う毎日が描かれている。仲のいい友人たちやちょっぴり気になるクラスの女子をうかがったりする どこにでもいる六年生をやりながら、中学生の不良に絡まれ止むに止まれず喧嘩をしたり、居候することになった父の知り合いのアキラおじさんに頼まれて 怪しげなお使いをしたり。
父は働きもせずいつも家でゴロゴロしている。しかも、どうも「コウアン」とか警察とか税務署とかに目をつけられているらしい。
特別になんかなりたくないのに、上原家はなんとなく周りから胡散臭い目で見られ、地域からも浮いているようなのが二郎としては落ち着かない。

第二部は一転して 舞台は沖縄・西表島である。
アキラおじさんが中野で起こした事件に関して父も警察で取り調べられ、派閥の内輪揉めやらなにやらに嫌気がさした父が半ば強引に引越しを決めたのだった。
ここでの父は中野時代とは人が変わったように農作業や漁に精を出し、二郎も見直すほどだったのだが、やはり周りは放っておいてはくれないのだった。父は楽園を求めているだけなのに、リゾート開発の反対派の急先鋒と決めつけられ、町議や開発会社の風当たりが俄に強くなり、マスコミもそれを煽って騒動になってしまう。しかしそんなことに屈する父ではなかったのだった。
八重山の自然の豊かさと人々の気質の豊かさあたたかさは二郎や桃子、一度は東京に残ったが後を追ってやってきた長女の洋子を人間的にひと回りもふた回りも成長させたのだ。

誰にも統治されず地図にも載らないという楽園・パイパティローマ。
それを信じている限りは人は人として間違わずにいられるような気がしてならない。

V
V

TB
ゆうきさん
ちえこあさん
まみみっくすさん
道草読書のススメ
AOCHAN-blog

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サウスバウンド 奥田英朗

サウス・バウンド奥田 英朗 角川書店 2005-06-30by G-Tools主人公は、東京中野の小学生・二郎君。二郎君自身は、マンガの好きな、いたって普通の少年なのですが、両親が元過激派で、かなり変わっています。特に、父親はすごいです。公務員は国家の手先とばかり、誰彼かまわ

  • From: IN MY BOOK by ゆうき |
  • 2005/12/10(土) 22:46:20

奥田 英朗の「サウスバウンド」読了

サウス・バウンド奥田 英朗 著 「サウスバウンド」 ★★★★★小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父に名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思って....

  • From: Grave of memory |
  • 2005/12/18(日) 02:25:00

奥田英朗【サウスバウンド】

12月28日に読み始めて、1月9日に読了。ぱんどらさん、読み終わるのに10日以上かかってんじゃないかよー。あ……いえ、28日に少し読んで、しばらく放置したまま他の本を読んでいたものですから。ぶ厚いけれども、すごく面白いし、スピード感がある小説....

  • From: ぱんどら日記 |
  • 2006/01/10(火) 14:57:38

サウス・バウンド

サウス・バウンド 奥田 英朗 角川書店 2005-06-30売り上げランキング : 1,302おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ★★★★★★★★★★「ララピポ」に続く、奥田英朗さんの作品としてチョイスしたのはサウス・バウンドです。はじめ

  • From: Book Review’S ~本は成長の糧~ |
  • 2006/01/22(日) 00:20:53

サウス・バウンド [奥田英朗]

サウス・バウンド奥田 英朗 角川書店 2005-06-30小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父はどうやら国が嫌いらしい。むかし、過激派とかいうのをやっていて、税金なんか払わない、無理して学校に行く必要などない

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2006/04/18(火) 17:41:20

「サウスバウンド」 奥田英朗

サウスバウンドposted with 簡単リンクくん at 2006. 5. 6奥田 英朗著角川書店 (2005.6)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • From: 今日何読んだ?どうだった?? |
  • 2006/06/09(金) 19:14:59

『サウスバウンド』奥田英朗

シェアブログ1152に投稿リクエストしたわけではなく、図書館の棚にあったものをなんとな~く手に取ったものがコレ。奥田英朗さんは好きですが、正直そんなに期待はしていなかったんです。(返却帰還が迫っていたの

  • From: 道草読書のススメ |
  • 2007/01/07(日) 22:57:56

「サウスバウンド」奥田英朗

タイトル:サウスバウンド 著者  :奥田英朗 出版社 :角川書店 読書期間:2007/07/21 - 2007/07/24 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父が...

  • From: AOCHAN-Blog |
  • 2007/09/20(木) 21:46:44

この記事に対するコメント

「それを信じている限りは人は人として間違わずにいられる」なんかステキですね!その通りだと思います!私もそうありたいなぁ…。

  • 投稿者: chiekoa
  • 2006/04/18(火) 17:42:07
  • [編集]

心の中にそれぞれのパイパティローマを持てたら
それだけでずいぶんと心強い気がします。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/04/18(火) 20:44:33
  • [編集]

こんにちは。
こちらの記事にTBさせていただきました。

思いがけない名作に出会った気がして、
いまはただ感動!!です。
最後の一郎はかっこよかったですね。
『男!!』を見せつけられた気がしました。
自分を貫き通すことのかっこよさを、
まじまじと見つめた読書でした。
信じる何かを得た人間というのはすごく強いですね。
そういう人間をカッコイイというんでしょうね。

  • 投稿者: Rutile
  • 2007/01/07(日) 22:42:52
  • [編集]

八重山の懐の深さが、一郎の純粋さとあいまって、彼らが目指すパイパティローマが目に浮かぶようでした。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/01/08(月) 07:02:40
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する