fc2ブログ

リビング*重松清

  • 2006/03/28(火) 07:17:38

☆☆☆・・



シンプルイズベストが信条の 共に働く子どもを持たない夫婦と、となりに引越してきた 何につけても真っ直ぐ正しい奥さんの一家との心の軋轢(?)を描いた『となりの花園』を軸に、さまざまな生き様を描いた短編集。
軸となる『となりの花園』では、非難されるはずのない正しさで生きる奥さんの違和感がとても胸を苦しくさせる。正しく生きることは正しいのだが、正しいことはすべてではない。そしてそれは、シンプルイズベストの夫婦にもいえることであり、彼らも少しずつ変化していく。それはとても人間らしくて好もしくみえる。
そのほかの物語も、どれもただならぬ人生の物語なのだが、どこかに光が差している。
母がいつも呟いていた呪文のような『ミナナミナナヤミ』の謎が解けたときには、張りつめていた苦しさがゆるゆるとほどけて哀しみになった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する