FC2ブログ

北緯四十三度の神話*浅倉卓弥

  • 2006/03/29(水) 20:10:28

☆☆☆・・



心の雪解けは必ず訪れる。
雪国を舞台に姉妹の心の成長と和解を描いた感動の物語。

雪深い町で育った桜庭菜穂子、和貴子姉妹。姉の菜穂子は地元の大学に進学し、そのまま大学の助手を、妹・和貴子は東京の大学を卒業後、故郷に戻り、ラジオ局でDJをしている。姉が中学時代に淡い思いを抱いていたクラスメート・樫村と和貴子が婚約したことを発端に二人の心の溝は広がっていったが――。
  ――帯より


真っ白い雪の上に広がる青い空が似合う熱く静かな物語。
早くに事故で両親を亡くし、年子の姉妹は祖父母と共に暮らすことになった。姉の菜穂子が聞いた最後の母の言葉は「菜穂ちゃん、和貴ちゃんの子と頼むわね」というもので、菜穂子は無意識のうちにこの言葉に縛られてもいたのかもしれない。
現在の菜穂子の目から見た菜穂子と和貴子のこと、和貴子が持っているラジオ番組の様子が交互に描かれ、そして所々に両親が生きていた頃のことが差し挟まれる。
女同士だからこそ、ほとんど歳の変わらない女同士で しかも姉妹だからこその苦しさやりきれなさと、なくてはならない存在として認め合っているお互いを 最後には解きほぐし確認しあえたのだから、彼女たちはもう決して離れないだろう。たとえ遠く離れて暮らしたとしても。

 TB
ゆうきさん
藍色さん

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 北緯四十三度の神話 浅倉卓弥

北緯四十三度の神話浅倉 卓弥 文藝春秋 2005-12by G-Tools幼い頃に両親をなくし、祖父母の元で暮してきた、菜穂子と和貴子の姉妹。姉の菜穂子は地元の大学に進学し、そのまま大学で遺伝子の研究を続けています。妹の和貴子は東京の大学を卒業後、故郷に戻り、ラジオ局でD

  • From: IN MY BOOK by ゆうき |
  • 2006/04/01(土) 11:54:20

北緯四十三度の神話、浅倉卓弥

装画は漆原冬児。2002年、第1回「このミステリーがすごい」大賞の大賞金賞を「四日間の奇跡」で受賞、作家デビュー。その後「君の名残を」「雪の夜話」を手がけてきた浅倉卓弥

  • From: 粋な提案 |
  • 2006/05/24(水) 12:05:18

この記事に対するコメント

ふらっとさん、こんにちは。
日常のドラマをていねいに描いて、
こころに余韻が残るいいお話でした。

  • 投稿者: 藍色
  • 2006/05/24(水) 12:04:41
  • [編集]

余韻という言葉がぴったりですね。
途中胸が痛むこともありましたけれど
静かにじんわりとした余韻に浸れました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/05/24(水) 18:56:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する