fc2ブログ

窓*乃南アサ

  • 2006/03/30(木) 17:49:34

☆☆☆・・



ほんの一歩、踏み出せば、疑われずに済んだのに・・・・・。
高校3年生の麻里子の揺れ動く心に宿る大きな不安。
新直木賞作家による書下ろし長編サスペンス。

西麻里子は聴覚障害のある高校三年生。
両親はすでにないが、結婚間近の姉、脱サラの兄、兄の親友の新聞記者・有作らに囲まれ、暮らしている。
ある日、レストランで毒入りジュース事件が発生。容疑者の一人に、麻里子と同じ障害を持つ直久という少年がいるらしい。
  ――帯より


『鍵』の一年後の物語である。
兄・俊太郎とも普通に接し、兄の友人・有作は麻里子のなかでますますその存在を大きくしているそんな折、レストランで起こった同窓会毒入りジュース事件の容疑者と疑われたのは同じ高校三年の聴覚障害を持つ少年だった。
みんなから置いてきぼりにされているような疎外感を強くしていた麻里子は、その少年がちゃんとゆっくり話を聞いてもらえているのかどうかが気になり、有作に頼んで彼に会わせてもらったのだったが。

歌野晶午さんを想わせるような思い込みの怖さを巧みに突いた展開は、あとで思い返せばすとんと腑に落ちるばかりである。
心の窓を開けて、困難を次々に乗り越えて大人になってゆく麻里子の姿をもっと見たい。
1996年にこの作品は書かれているので、もうとっくに続編が出ているのだろうか。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する