fc2ブログ

奥様はネットワーカ*森博嗣

  • 2006/04/02(日) 17:12:40

☆☆☆・・



小説とも劇画ともひとあじ違う、新しい形といえるかもしれない。
コジマケン氏のイラストが随所にかなり大胆に主張しているし、登場人物もイラストによって 視覚的にイメージが固定される。

主な登場人物は6人。
某国立大学工学部科学工学科の秘書、スージィこと内野智佳、28歳。
同科学工学科の助手、ホリこと堀江尚志、26歳。
同化学工学科教授、イエダこと家田恒雄、57歳。
同化学工学科助教授、サトルこと遠藤学、38歳。
同情報工学科助教授、サエグサこと三枝洋侑、34歳。
同化学工学科図書室の司書、ルナこと鈴木奈留子、25歳。

この6人が、入れ替わり立ち替わり語り手になることで、起こった事件に形を与えていこうとしている。
そして、6人の語り以外に差し挟まれる短い呟きのようなもの。ときとして主体を変えているようにも見え、犯人の裡なる言葉――別人格として?――のようでもある。これが不気味なのだ。
話の筋としては、別段どうということもなかったが、新しい試みとして愉しんだ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する