FC2ブログ

耳すます部屋*折原一

  • 2006/04/12(水) 17:58:14

☆☆☆・・



わたしのあの子に何をしたの?
執拗な電話が女を追いつめる。
叙述ミステリの名手、10年の軌跡、10の短篇。
  ――帯より


表題作のほか、五重像・のぞいた顔・真夏の誘拐者・肝だめし・眠れない夜のために・Mの犯罪・誤解・鬼・目撃者。

どれも読者の思い込みと錯覚を利用した映像化に不向きな物語である。
どの物語もたいていどこかで「あれ?」とほんの微かに引っ掛かりを覚えるのだが、そこで読み流してしまうともうあとは著者の策略に引きずられてしまう。結末がわかったときに、「あぁ、やっぱりあのときのあれは...」と納得させられる。
どの物語も、背筋をぞくりとさせられ、早く真実を知りたくなる。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する