FC2ブログ

透明な旅路と*あさのあつこ

  • 2006/05/19(金) 12:45:01

☆☆☆・・



吉行明敬はたったいまホテルで行きずりの街娼の首を絞めて殺してきたところだ。事故があったらしい新道を避け旧道に入り込んだところでその少年と幼女に出会い 車に乗せて欲しいと頼まれた。
透きとおった印象の少年・白兎は尾谷村の母のところへ帰りたいという 妹ではない幼女・笹山和子を送り届けようとしているのだった。
抗い難い何かに動かされてドアを開けてしまった吉行だったが。

不思議な物語である。
初めのうち 現実離れした雰囲気は殺人を犯したばかりの吉行の昂ぶりのせいかと思っていたのだが、そうではなく、白兎と和子に出会ってからこそいよいよその感じを深めるのである。夢の世界なのだろうか。だったらどこから?最初からだろうか、それとも旧道にハンドルを向けたところからなのだろうか。しかし、すべて夢だったとしたら吉行はなぜここにいるのだろう。説明はつかないのである。
吉行の物語でありながらこれは白兎の物語でもあり、和子の物語でもある。母の元へ帰りたがる和子のところへたまたま使命を帯びた白兎が居合わせ、吉行が呼び寄せられたのだろう。
白兎のことをもっと知りたい。

V
V

TB
+ChiekoaLibrary+

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

透明な旅路と [あさのあつこ]

透明な旅路とあさの あつこ 講談社 2005-04-27雨の月夜、街婦の白い頸を締めて車で逃亡中の吉行明敬は、街路灯一本ない道で、一組の少年、幼女に遭遇する。「家に帰りたい」という幼女・和子を送り届ける決心をした明敬だが…。こういうの「モダン・ミステリー」って言うん

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2006/06/19(月) 15:49:09

この記事に対するコメント

ほんと、不思議な物語でした…。白兎くんは「地に埋もれて」にも登場するらしいので、これからまた読みます!

  • 投稿者: chiekoa
  • 2006/06/19(月) 15:49:51
  • [編集]

白兎くんの出る作品
他にもあるのですね。
わたしもチェックしなくちゃ!

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/06/19(月) 17:12:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する