FC2ブログ

君を送る*赤川次郎

  • 2006/06/16(金) 17:02:47

☆☆☆・・

君を送る 君を送る
赤川 次郎 (1997/05)
新潮社

この商品の詳細を見る

石塚深雪、23歳。OL生活も四年目を迎えた彼女の心の支えは、営業部長の矢沢晃二。新人の頃、ミスをした深雪を救ってくれたことがあったのだ。その矢沢がワンマン社長と対立して、突然辞職に追い込まれた。裏には何か事情があるようなのだが・・・・・。自分の立場を気にして動こうとしない男たちに愛想をつかした深雪は、一人で送別会を企画するが、事態は意外な方向へ進展して・・・・・。  ――文庫裏表紙より


ちえこあさんのお薦めを読んで、ほとんど「読んだ」ということしか覚えていなかったので 久々に再読。
赤川作品は、いつ読んでも印象がそれほど変わらない気がする。どんな物語でも。それだけ作品が――筋がということではなく――完結しているということなのかもしれない。
そして、赤川作品のもうひとつの特徴は、どろどろした人間の裏側とかだらしのなさとか汚らしい部分も結構かかれているにもかかわらず、あと味に厭味がないということだろう。悪意を持った登場人物もいないわけではないのだが、読後、やっぱり人間って好いな、と思わせてくれるのである。


V
V

TB
+ChiekoaLibrary+

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

君を送る [赤川次郎]

君を送る赤川 次郎 新潮社 1997-05OL生活も四年目の石塚深雪、二十三歳。新人の頃、ミスをした深雪を救ってくれた営業部長の矢沢晃二が、ワンマン社長と対立して、突然辞職に追い込まれた。自分の立場を気にして動こうとしない男たちに愛想をつかした深雪は、一人で送別会

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2006/06/16(金) 17:21:15

この記事に対するコメント

とっても光栄です…ありがとうございます!
ふらっとさんの「赤川作品考」にうなりました。なるほど…あれだけの多作でそのクオリティ、そのぶれなさ、すごいですね、やっぱり。

  • 投稿者: chiekoa
  • 2006/06/16(金) 17:22:31
  • [編集]

ほんとうに。
読むのが追いつかないくらい多作なのに
この安定感には感心します。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/06/16(金) 19:24:04
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する