FC2ブログ

一瞬の風になれ2*佐藤多佳子

  • 2006/10/18(水) 19:08:10

☆☆☆☆・

一瞬の風になれ 第二部 一瞬の風になれ 第二部
佐藤 多佳子 (2006/09)
講談社

この商品の詳細を見る

第二部――ヨウイ――

何かに夢中にだった、すべての人へ贈る青春小説
「最高だ」
直線をかっとんでいく感覚。このスピードの爽快感。身体が飛ぶんだ……。
少しずつ陸上経験値を上げる新二と連。才能の残酷さ、勝負の厳しさに出会いながらも強烈に感じる、走ることの楽しさ。意味なんかない。でも走ることが、単純に、尊いのだ。
「そういうレースがあるよね。きっと誰にも。一生に一回……みたいな」
今年いちばんの陸上青春小説、第2巻!


とにかくもう涙が止まらなかった。ほのぼのとした涙、悔し涙、悲しい涙、そして胸震わせる涙。
第一部ではまだ迷いがあったが、この第二部で 新二はもうすっかり、陸上選手になっている。走ることがたのしくて仕方がない様子を見ると、こちらの方が嬉しくなるほどである。うらやましい。走ることの何かを一瞬捉まえられそうになったり、重要な役割を任されたり、甘酸っぱい想いを胸に抱いたり、と これ以上ないほど充実した毎日を送っている。このままいけば、新二の走りは さらにぐんぐん伸びていくのだろうと誰もが思っているだろうところに、とんでもないことが起こるのである。しかも新二にではなく 健ちゃんに...。

顧問のみっちゃんをはじめ 陸上部のメンバーのなんといい奴等なことか。それぞれまったく違う個性を持ちながら、走るというただそれだけで結びついた仲間たち。春高陸上部が日本中でいちばんの陸上部だと思わせられるほどである。マイペースは相変わらずだが、陸上部員の一人として 明らかに変わってきている連と、彼を羨み尊敬し ときに悔しがりながら、なくてはならないものとして意識している新二の関係も絶妙である。

なのにどうしてこんなときに、健ちゃんが...。
第三部が待ち遠しい。

V
V

TB
今日何読んだ?どうだった??
おいしい本箱
+ChiekoaLibrary+
粋な提案
栄枯盛衰・前途洋洋
miyukichin’mu*me*mo*

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「一瞬の風になれ 2 ヨウイ」 佐藤多佳子

一瞬の風になれ 2posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.22佐藤 多佳子著講談社 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • From: 今日何読んだ?どうだった?? |
  • 2006/10/18(水) 20:54:06

一瞬の風になれ 2 ーヨウイー 佐藤多佳子 講談社

もう出た二巻・・。早い!!待ち遠しかったので、うれしい♪

  • From: おいしい本箱Diary |
  • 2006/10/28(土) 01:00:26

一瞬の風になれ 2 ―ヨウイ― [佐藤多佳子]

一瞬の風になれ 第二部 ―ヨウイ―佐藤 多佳子 講談社 2006-09『一瞬の風になれ』三部作の第二部です。前回の『一瞬の風になれ 第一部 ―イチニツイテ―』が高校入学時の話で、この第二部ではもう彼らは二年生になっています。壁にぶちあたったり、くよくよしたり、挫折し

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2006/11/09(木) 12:44:25

一瞬の風になれ第二部ヨウイ 佐藤多佳子

カバーイラストはクサナギシンペイ。デザインは有山達也、飯塚文子。2年生になった新二たち。リーダー守屋、エース一ノ瀬、ジンクス担当浦木、雑用キング根岸、宴会部長俺。サプリとスポーツ小物を偏愛する大阪出身の桃内

  • From: 粋な提案 |
  • 2007/01/18(木) 01:26:10

『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)(2)ヨウイ

『一瞬の風になれ』の第二部ヨウイを読み終る。. 主人公新二は、1年生から2年生に進級する。サッカーで超高校級兄健一は、Jリーグの強豪ジュビロ磐田のサテライト入りが決まる。その健一が、新二に陸上用の新しいスパイクを買ってくれるところから、第二部ヨウイは始まる

  • From: 栄枯盛衰・前途洋洋 |
  • 2007/01/28(日) 13:23:32

一瞬の風になれ 2-ヨウイ-/佐藤多佳子 [Book]

 佐藤多佳子:著 『一瞬の風になれ 2-ヨウイ-』 一瞬の風になれ 第二部講談社このアイテムの詳細を見る 第1部を読んでから、1ヵ月弱。 あーもー、待ち兼ね山ですよ。 間が少し空いたせいか、 読みはじめ少し「あれ? これ誰だっけ?」 みたいなところがあって

  • From: miyukichin’mu*me*mo* |
  • 2007/06/20(水) 00:32:08

この記事に対するコメント

新二が、連がそれぞれ成長する第二巻。第一巻に負けず劣らず読み応えありましたね。悲しい事件もありましたが……第三巻、いよいよ明日(もしくは23日くらい)に発売です!本屋に走らねば!!

  • 投稿者: まみみ
  • 2006/10/18(水) 20:51:32
  • [編集]

彼等、高校生なんですよね。
陸上すべて!みたいだけれど、部活以外の高校生活はどうなっているんでしょう、と ふと思ってしまったり。
でも、その他の部分がかすむほど打ち込めるものがあるってとてもうらやましいです。
第三部、図書館に入るのはいつになるのかなぁ。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/10/19(木) 06:57:38
  • [編集]

私も健ちゃんのことショックでした。彼は、いつまでもキラキラのスターでいてほしかった・・。
でも、ここからどんな立ち上がりを見せるのか、3巻に期待します。

  • 投稿者: ERI
  • 2006/10/28(土) 01:01:49
  • [編集]

ここまであまりにもキラキラ過ぎていましたものね>健ちゃん。
でもあんまりな展開でやっぱりショックでした。
それでも健ちゃんの人間らしい一面を垣間見たようで ちょっとほっとしたりもします。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/10/28(土) 08:25:30
  • [編集]

私の中では健ちゃん事件は「想定の範囲内」だったので…こないでほしいなぁと思っていたらやっぱり来てしまったというか…。第三部が早く読みたいです。現在5人待ち…。そして全部読んだら買うと思います(笑)。

  • 投稿者: chiekoa
  • 2006/11/09(木) 12:45:03
  • [編集]

このままだと健ちゃんは 優秀で輝いてはいるけれど面白みのないままだなぁ...とは思っていたけれど、こういう目に遭わせるか!とショックでした。
健ちゃんにとっても新二にとってもここが試練ですねぇ。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/11/09(木) 12:49:50
  • [編集]

三部作だったので第二部での苦境、葛藤は予想してましたけど、健ちゃんにくるとは…でした。
でもほんと、春高陸上部って、チームワークは、日本中でいちばんの陸上部ですよね。

  • 投稿者: 藍色
  • 2007/01/18(木) 01:16:56
  • [編集]

新二や陸上部員そのものに、ではなくて
健ちゃんに災いが降りかかるところがなんとも言えませんねぇ。
これもひとつの佐藤さんの技かも?

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/01/18(木) 07:00:35
  • [編集]

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 第一部と比べて、
 新二がものすごく成長してましたよね。
 もうどこからみても陸上部員、って感じで。

 第三部、早く読みたいです~^^

  • 投稿者: miyukichi
  • 2007/06/20(水) 21:28:01
  • [編集]

まだつづきが読めるmiyukichiさんが羨ましいです。
早く順番が回ってくるといいですね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/06/21(木) 07:48:48
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する