fc2ブログ

被害者は誰?*貫井徳郎

  • 2006/12/13(水) 17:18:06

☆☆☆☆・

被害者は誰? 被害者は誰?
貫井 徳郎 (2003/05)
講談社

この商品の詳細を見る

これぞ本格!!超天才美形名探偵現わる!!
吉祥院慶彦(きっしょういんよしひこ)に解けない謎など、ありえない!!

豪邸の庭に埋められていた白骨死体は誰なのか?黙秘する犯人。押収された手記から被害者を特定する表題作の他、本格の粋を極めた全4編。頭脳も美貌も態度もスーパーな安楽椅子探偵、吉祥院慶彦の名推理。


表題作のほか、「目撃者は誰?」「探偵は誰?」「名探偵は誰?」

超天才美形人気作家にして、安楽椅子探偵でもある 吉祥院慶彦のキャラが突き抜けていてイイ!そして、彼の元へ事件の話を持ってやってくる捜査一課の刑事で吉祥院の後輩である桂島のキャラの情けなさもまたイイ!この二人が揃うと――本人たちは憤慨するだろうが――さながら漫才コンビのようで愉しめる。だが、愉しめるのはそこだけではない。掛け合い漫才のような会話の中から 吉祥院先輩はちゃんと謎解決の種を拾い出しているのである。その目のつけどころがクールなのだ。読者は、ほんの些細な違和感を見逃してはいけない。歌野晶午作品を思い出させる趣きもある。
固定観念と思い込みとを捨て去れ、と言われているような一冊である。



V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー
闘争と逃走の道程

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

被害者は誰? 貫井徳郎著。

う~ん。この本、読み終えるのに1週間もかかってしまった。文庫本で、しかも短編集なのに。 正直、どうでもよかったというか、主人公の捜査一課の刑事と、大学時代のサークルの先輩で、売れっ子推理作家のコンビが事件を解くって話なんだけど、この先輩がしつこいくらいに後

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2007/05/10(木) 09:57:06

小説『被害者は誰?』貫井徳郎

 以前、犯人当てアンソロジー『気分は名探偵』を読んだことをこのblogにも書きましたが、そのアンソロジーで初めて出会ったキャラクター“吉...

  • From: 闘争と逃走の道程 |
  • 2009/09/01(火) 01:11:27

この記事に対するコメント

私は辛口になってしまったのですが、これはシリーズ化されてる作品なのですか?安楽椅子探偵?
どうもあのコンビの掛け合いに飽きてしまって、でも一体誰が被害者?誰が探偵?というのは意外性があって面白かったです。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2007/05/10(木) 09:59:36
  • [編集]

シリーズ化、どうなんでしょう?
態度もスーパーな吉祥院先輩
じゃじゃままさんにはお気に召さなかったようですね。
実際にはお友だちになりたくないタイプですよね。笑
でもお互い分かり合ってあの掛け合いを毎度している二人に、わたしは愛さえ感じてしまいました。
どちらかといえば桂島くんの愛 でしょうか。^^;

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/05/10(木) 11:11:11
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する