FC2ブログ

ハヅキさんのこと*川上弘美

  • 2007/01/14(日) 17:08:59

☆☆☆☆・

ハヅキさんのこと ハヅキさんのこと
川上 弘美 (2006/09/30)
講談社

この商品の詳細を見る

ささいな男女の機微、虚と実のあわいを描く掌篇小説集。
そこには、ささやかな日常がある。そして、男と女の心のふれあいやすれ違いがある。魅力あふれる、川上ワールドが、ふっと心をかすめる・・・。


エッセイを、という約束で書き始めたのだが、三枚以上のエッセイは苦手で、エッセイのような小説にしてしまえ、と半ばやけくそのように書かれたらしい(あとがきより)。
「やけくそ」部分は措くとして、まさに紹介文のとおり 虚と実のあわいが描かれた小さな物語たちである。
これは川上さんの欠片だ、と思いながら、気がつくといつのまにか自分にすり替わっていたりすることがあり、不思議な心地にさせられる。
実際に経験していないことでも、「あぁそんなことがあったような気がする」という懐かしいような哀しいような、掬った水が指の間からするするとこぼれて逃げてしまうような心もとないような感覚に陥るのである。その感じは、共感するというのとはまた違うのだ。すり替わられた というのか、憑かれた というのか、ふっとそこへ運ばれたような感じなのである。これだから川上読みはやめられない。


V
V

TB
今日何読んだ?どうだった??
おいしい本箱
+ChiekoaLibrary+

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ハヅキさんのこと」 川上弘美

ハヅキさんのことposted with 簡単リンクくん at 2006.11. 5川上 弘美著講談社 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • From: 今日何読んだ?どうだった?? |
  • 2007/01/15(月) 08:27:18

ハズキさんのこと 川上弘美 講談社

最近、川上さんの本を読む機会が多くて、うれしい限りです。旺盛な執筆欲ですね~。ノッてはるなあ、そんな感じがします。

  • From: おいしい本箱Diary |
  • 2007/01/15(月) 18:11:30

ハヅキさんのこと [川上弘美]

ハヅキさんのこと川上 弘美 講談社 2006-09-30虚と実のあわいを描く掌篇小説集。 私この表題作の「ハヅキさんのこと」って、前にどこかで絶対読んだことある!という確信がありました。だってこの本を最初に見たとき、「へぇ、あのハヅキさんの物語が長編になったのね!」

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2007/01/24(水) 13:08:32

この記事に対するコメント

川上さんの書かれるエッセイは、創作なのかノンフィクションなのか、そのどっちつかずな感じが魅力ですね。川上さんご自身の生活が、描かれる物語世界のようなものである気がします。

  • 投稿者: まみみ
  • 2007/01/15(月) 08:31:34
  • [編集]

「素」の川上さんを
知りたいような
知りたくないような・・・。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/01/15(月) 12:39:42
  • [編集]

日常の小さな物事が、なぜ川上さんの筆を通すとこんなに忘れられない記憶になるのか。そう、まるでそれが自分の記憶のようだと、私もいつも思います。

「素」の川上さんを
知りたいような
知りたくないような・・・。

ああ、本当だ。川上さんになんだか凄く幻想というか、勝手な思い込みを込めている自分を発見しました。
しかし、本当に綺麗な方ですよね・・。

  • 投稿者: ERI
  • 2007/01/15(月) 18:17:09
  • [編集]

川上さんの写真を拝見するといつも
「あぁ、川上さんだ」とまっすぐに思います。
ゴムぞうりで商店街をぺたぺた歩くのも
海辺の町に佇むのもお似合いな気がします。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/01/15(月) 20:33:32
  • [編集]

川上さんを知っている人を知っておりますが(遠いな…)、「ひと言で言うと変わった人」だそうです。そのくらい本を読めばわかるよ…!と思いました。

  • 投稿者: chiekoa
  • 2007/01/24(水) 13:10:20
  • [編集]

あぁ、やっぱり^^笑

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/01/24(水) 13:53:43
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する