fc2ブログ

黄色い目の魚*佐藤多佳子

  • 2004/02/12(木) 12:51:29

☆☆☆☆・


揺れる思春期・自分の内と外を築き上げる思春期。
そんな時の舟に乗り揺られている高校生の 村田みのり と 木島悟。
それぞれ と ふたり の物語。

大人の目にはどうでもいいことに映るのに たまらなく切ないこと とか
大勢の中で自分だけが浮いているような居心地の悪さ とか
only one でいたいのに one of them になってしまう情けなさ とか
ある人の前でだけ 消えてなくなりそうになる自分 とか。

不安定だけど限りなくパワーを秘めたあやうく確固とした思春期が
どのページにもある。

じゎりと沁み出すように涙が浮かんだ。

 
V
V

TB
+ChiekoaLibrary+
雑食レビュー
今日何読んだ?どうだった??
肩の力を抜いて

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[佐藤多佳子] 黄色い目の魚

ISBN:4104190039:detail かなり、好き!!です。いい!です。絶賛です。佐藤多佳子さんといえば、「しゃべれどもしゃべれども」のイメージがありましたが、こっちのほうが私はダントツで好きです。なんというか、うまくいえませんが「ど真ん中!」でした。どきゅーんと。 こ

  • From: +ChiekoaLibraly+ |
  • 2005/06/13(月) 11:33:12

「黄色い目の魚」佐藤多佳子

「黄色い目の魚」佐藤多佳子(2002)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、青春、絵、サッカー、頑な、YA(ヤングアダルト)、児童文学ネットの本読み仲間ちえこあさんのオススメ。同じ作家の「スローモーション」[http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/3711291.html]が

  • From: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ |
  • 2005/06/13(月) 23:15:05

「黄色い目の魚」 佐藤 多佳子

黄色い目の魚posted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 1佐藤 多佳子新潮社 (2002.10)通常2~3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • From: 今日何読んだ?どうだった?? |
  • 2006/09/06(水) 20:34:35

・「黄色い目の魚」佐藤多佳子

<あらすじ> 第1章と第2章を読んでいると、絵をモチーフとした短編集かと思ったが、第3章で両者が結びつき、ひとつの話だとわかる。第2章のタイトルは「黄色い目の魚」になっている。1・2章ともかなり重い内容で、佐藤多佳子にしては肩に力が入っているなと感じされ...

  • From: 肩の力を抜いて |
  • 2009/10/16(金) 13:13:11

この記事に対するコメント

TBありがとうございます!昨日ちょうど再読したところだったので、むちゃくちゃタイムリーでうれしいです!何度読んでもいいですよね…(涙)

  • 投稿者: chiekoa
  • 2005/06/13(月) 11:34:26
  • [編集]

佐藤多佳子さん

人に薦められて
この作品が初体験だったのですけれど
あっというまにやられちゃいました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/06/13(月) 11:46:57
  • [編集]

お初でしたか!私はこの作品が佐藤さんの作品の中ではいまのところナンバーワン!です。ダントツで…!

他にもいろいろ読んでますので、よろしければ参考にしてみてください!(私のブログの作家さん名のところをクリックすると、その作家さんの作品だけピックアップします。)

  • 投稿者: chiekoa
  • 2005/06/13(月) 17:53:50
  • [編集]

その後数冊

わたしも読んでいます。
『神様のくれた指』
『しゃべれども、しゃべれども』
『サマータイム』
『九月の雨』などを。

『神様のくれた指』も
とっても好きでした。

Search Boxに作者名を入れていただくと
感想もお読みいただけます。

ちえこあさんのお読みになった佐藤多佳子作品とはダブっていないようですね。
ちえこあさんのblogにある作品を読んだら
またTBさせていただきますね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/06/13(月) 18:02:07
  • [編集]

こんにちは。TBありがとうございました。
佐藤多佳子の作品はぼくもまだ読み始めたばっかり(これが2作目)なんですが、はずれがなさそうな感じでよいです。

こちらからもTBさせていただこうとしたのですが、どうもエラーが出てうまく行きませんでした。また時間変えてやってみます。

  • 投稿者: おおき
  • 2005/06/25(土) 21:55:36
  • [編集]

はずれなし

ほんとうにそうですね。
どの作品も佐藤多佳子風味が確立されているようです。
そんな作家さんに出会えたときは
とても嬉しいです。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/06/26(日) 09:06:57
  • [編集]

どうしてこういう感覚を覚えていられるんだろう…といつもいつもすごく不思議に思います。
佐藤さんの作品は本当にはずれがないですね。どの作品も安心して人に薦められる力があります。

  • 投稿者: まみみっくす
  • 2006/09/06(水) 20:36:08
  • [編集]

ほんとうにねぇ。
物事を受け止める何かが凡人とは違うのかしら。
この作品を薦めてくれた人に感謝しています。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/09/07(木) 06:47:15
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する