FC2ブログ

ブラジル蝶の謎*有栖川有栖

  • 2007/01/20(土) 08:57:32

☆☆☆・・

ブラジル蝶の謎 ブラジル蝶の謎
有栖川 有栖 (1996/05)
講談社

この商品の詳細を見る

美しい異国の蝶々に囲まれて殺害された男の意外な過去が、真犯人解明への重要な鍵を握る表題作『ブラジル蝶の謎』。密室から突如、霧のごとく消え去った若いカップルの謎に迫る『蝶々がはばたく』―。おなじみ有栖川・火村コンビの名推理が冴え渡る傑作ミステリ全6編を収録。読者待望の「国名シリーズ」第3弾。


国名シリーズ第3弾。
表題作のほか、「妄想日記」「彼女か彼か」「鍵」「人食いの滝」「蝶がはばたく」
当然ながら、大阪・京都・兵庫、という関西圏での活躍が多い 火村と有栖だが、旅先やら講演先やらでの事件の捜査にもお呼びがかかる(首を突っ込む?)ことが増えてきて、次第に全国的な知名度になりそうな雰囲気である。嬉しいような寂しいような複雑な気分でもある。有名人にはなってほしくはないような__。
事件の状況や動機はさまざまなのだが、火村がどこに目をつけて謎解きの糸口を見出すのかを探りながら読むのはやはり愉しい。
今回は、珍しく殺人事件ではない謎解き――しかも真相は想像の中にしかない――もあり、ロマンティックとも言える不思議な魅力がある。



V
V

TB
たりぃの読書三昧な日々

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ブラジル蝶の謎」(有栖川有栖著)

 今回は 「ブラジル蝶の謎」 有栖川 有栖著 です。ちなみにこれは国名シリーズの第3弾です。(国名シリーズの第2弾「スウェーデン館の謎」を飛ばしたのは、ただ単にまだ読んでない為です。)

  • From: たりぃの読書三昧な日々 |
  • 2007/01/24(水) 21:52:12

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する