FC2ブログ

決断――警察小説競作

  • 2007/01/29(月) 17:35:33

☆☆☆・・

決断―警察小説競作 決断―警察小説競作
新潮社 (2006/01)
新潮社

この商品の詳細を見る

偽ドル札を掴まされた男と強面刑事の騙し合い(「昔なじみ」逢坂剛)。
新任の駐在が嗅ぎつけた危険な匂い(「逸脱」佐々木譲)。
秘密を背負った警官が知る寂しい犯罪者(「大根の花」柴田よしき)。
イカれた奴らとパトカーの追跡劇(「闇を駆け抜けろ」戸梶圭太)。
自白の裏側に迫る孤独な刑事(「ストックホルムの埋み火」貫井徳郎)。
誤認逮捕の悪夢に苛まれるベテラン刑事(「暗箱」横山秀夫)。
組織と個人の間で揺れながら真実を追い続ける警察官の凄みを描く全六篇。


ドタバタハチャメチャで、あり得ない警察小説もあったが、全般に、ガチガチの警察物ではなく、警察官自身にスポットが当てられた小説が多かった。
横山氏はもちろんさすが横山氏で、警察機構と自分と部下の複雑な悩ましさまできっちり描いているし、貫井氏は、読者の思い込みを巧みに誘っている。柴田氏もシリーズ物の登場人物を上手く生かして巧みである。大事件ではない下町の小さな謎が興味深い。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する